スマートフォン解析

知識を付けて産み分けをすると成功率はどのくらい?

知識を付けて産み分けをすると成功率はどのくらい?

産み分け 勉強 画像

 

生殖医療は今すごく進歩していて、男女を産み分ける精子の選別方法もどんどん開発されています。

 

最近話題の着床前診断という技術を使えば100%産み分けが可能ですが、扱う病院も少なく、許可を取るのにもすごく大変なようなので、なかなか使えないでしょうね・・・

 

産み分けを積極的に行っている産婦人科では、男の子は80%、女の子は75%ほどの成功率だそうです。

 

しかし私は産婦人科に通わずに産み分けをしたいと思っているので、いろいろな参考書を読んで成功率を上げていきたいです。

 

知識を付けてから実践できれば産婦人科に通うレベルまで成功率は上げることができるので、このサイトの情報を見て知識をしっかり付けてから挑みましょう(^^)/

 

70%〜80%という確率は、かなり高いと思うのですが、20%以上の方は希望していない性別が産まれているので、理解した上で実践してください。

 

 

夫婦が健康で産み分けに協力してれるか?

 

まずは夫婦が健康で不妊症ではないか、ということも重要になってきます。

 

産み分け法では排卵日のタイミングがかなり重要になってくるので、月に1度しかチャンスがありません。

 

なので不妊症の方はまず産み分けの前にそちらの治療をしないと、妊娠もなかなかできないと思います(^^;)

 

排卵日チェックや基礎体温測定を毎日したり、禁欲、性交日の特定などやらないといけないことが多いので、旦那さんの協力がかなり重要になってきます。

 

中には旦那さんに産み分けを理解されにくい方もいると思いますが、分かってもらってからでないと難しいです。

 

一度ちゃんと話し合ってから実践した方がいいですね。(私の夫はむしろ積極的でした笑)

 

最近では、少子高齢化や高齢出産も増えてきているので、1人目から産み分けたいという方もとても多いようです。

 

不妊症の方も増えてきているので、できれば1人目は自然に妊娠して、2人目や3人目に違う性別がいいというのが理想ですが、理由はいろいろありますよね・・・

 

旦那さんの協力で成功率はかなり変わってくるので、一緒に産み分けについて考えて頑張っていきましょう(^-^)

 


関連ページ

産み分けを成功した人と失敗した人の違いとは?高齢出産でも大丈夫?
産み分けにしっかり取り組んだ方でも5人に1人は失敗してしまいます。 その成功した人との違いを調べてみました。 どんどん増えてきている高齢出産でも産み分けることができるのか?
産み分けで人気なのは男の子か女の子どっち?
最近では産み分けをするのに人気なのはどちらなのでしょうか? 女の子と男の子の特徴などまとめてみました。 産み分けることで希望する性別を狙いましょう!
妊娠をしてから何ヵ月で赤ちゃんは産まれるの?逆算して計画しよう!
赤ちゃんは妊娠してから何ヵ月で産まれるのでしょうか? 何歳差にしたいのか考えて逆算して計算しましょう。 何学年離すのか夫婦で計画して考えると良いですね(^-^)