スマートフォン解析

産み分けを成功した人と失敗した人の違いとは?高齢出産でも大丈夫?

産み分けを成功した人と失敗した人の違いは?高齢出産でも大丈夫?

産み分け 成功 失敗 なぜ? 画像

 

まず子供を授かれたのに失敗や成功という表現は正しくないと思いますが(^^;)

 

産み分けを正しく行っても成功率が80%ということは、5人に1人は希望していない性別が産まれているので、なぜそうなるのでしょうか?

 

初めてのチャレンジで、簡単に妊娠して成功した人もいれば、長い時間かけても妊娠できない人もたくさんいるようです。

 

その理由はいろいろありますが、先天的な体質の問題で妻がオーガズムを感じやすかったり、膣の中の酸性度が違ったりとなかなか対応しにくいものもあります。

 

しかし、細かくチェックするものができてなく、排卵日をピッタリ当てることができずに失敗することも多いので、本気で産み分けに挑んで後悔のないようにしましょう。

 

排卵日を当てるのはとても難しく、体温を測る前に大きな伸びをして体温を上げてしまい、ちゃんと測れない。避妊が甘い。などの不注意で失敗したら、「あの時しっかりしてれば・・・」となりかねないですよね(;_:)

 

男の子と女の子の産み分けする前に準備をしよう!ここをしっかり読んでから成功するために頑張りましょう!

 

 

高齢出産でも産み分けはできるの?

 

もちろん高齢出産でも産み分けは可能です。

 

高齢出産とは一般的に40歳以降で妊娠、出産をすることです。

 

最近では仕事をしっかりこなし、プライベートを楽しみつくしてから結婚、出産という方がすごく多く、晩婚化がすすんでいます。

 

1人目の子が大きくなり、楽になってきた頃に2人目で産み分けをしたいという方も多いようです。

 

プライベートを楽しんでから、1人目が楽になってきてから、というのは私もすごく良いと思いますが、高齢出産だと20代や30代の頃に比べて、妊娠しにくくなります。

 

産み分けをするときは、1か月に1度の排卵のチャンスを1度のセックスで狙おうとしないといけないので、さらに妊娠の確立が下がります。

 

「1年間だけ産み分けを頑張ってみてそれでもダメなら自然妊娠に切り替える。」

 

など期間を決めたり、リスクがあることを知ってからの方がいいですね。

 

産み分けをメインに考えすぎて子供を授かれなかったら取り返しがつかないですよね・・・

 

しかし45歳を過ぎて産み分けに成功した方もいるようなので、諦めることはないです。

 

 

1人目の子供ができるまでに時間がかかった方や、生理が不順な方など、自分のからだに不安のある方は専門医にチェックしてもらうようにしましょう。

 

なるべく不安を消してから産み分けに挑めると気分が楽ですよね(^-^)

 


関連ページ

知識を付けて産み分けをすると成功率はどのくらい?
産み分けの知識を付けて正しく行えば成功率がどのくらいなのか?ということを調べてみたので参考にしてください(^-^)
産み分けで人気なのは男の子か女の子どっち?
最近では産み分けをするのに人気なのはどちらなのでしょうか? 女の子と男の子の特徴などまとめてみました。 産み分けることで希望する性別を狙いましょう!
妊娠をしてから何ヵ月で赤ちゃんは産まれるの?逆算して計画しよう!
赤ちゃんは妊娠してから何ヵ月で産まれるのでしょうか? 何歳差にしたいのか考えて逆算して計算しましょう。 何学年離すのか夫婦で計画して考えると良いですね(^-^)