スマートフォン解析

正しい基礎体温のグラフの見方って知ってますか?体の調子を知ろう

正しい基礎体温のグラフの見方を知ってますか?体の調子を知ろう

基礎体温 グラフ

 

 

今ではわざわざ紙の基礎体温表を買わなくても、アプリなどで手軽に管理できるので無料で使いやすそうなものを選びましょう。

 

私の使っているアプリは上のグラフのように出ますので、使いたい方はこちらのページも参考にどうぞ(^-^)

 

⇒ 産み分けの基礎体温はアプリで管理!あなたはちゃんと測れてますか?

 

 

この基礎体温のグラフは、正常な折れ線グラフの動きをしています。

 

低温期と高温期がはっきりと2相に分かれていて、低温期から高温期へ2日以内に移ることが理想です。

 

それと低温期と高温期の平均の温度差が0.4度以上であることが良いです。

 

排卵日は、体温が急に下がった日ということではなく、個人差があります。

 

排卵は体温が下がってから上がっていく間の2日ほどに起こるというのが正しいです。

 

うまく2相に分かれてない方やガタガタなグラフになってしまう方もいると思いますが、ちゃんと測れていないか、排卵に異常があることがあります。

 

下にいろいろなパターンを紹介するので、自分に当てはまるものがあるかチェックすると、排卵の異常や体調が悪いことなど分かるかもしれません。

 

体温が全体的に高い、もしくは低い

 

基礎体温グラフ 高い 

 

しっかり2相になっているけど、全体的に体温が高い方や逆に低い方がいます。

 

体温が高めの方は風邪を引きにくかったり健康的ですが、低温期に体温が高いと、質の良い卵胞が育ちにくいと言われています。

 

ある日を境に低温期の体温が高い状態になることが続くようなら、心配な方は1度産婦人科で相談してみると安心です。

 

私はどちらかというと高めなことに最近気づきましたが、あまり気にせずいきます(-_-;)

 

体温が全体的に低めの方は、妊娠しにくい傾向にあるのでなるべく体を温めるようにして体温を下げないようにしましょう。

 

最近は特に35度台の低体温の体質の方が増えているようです。

 

2相に体温が分かれていればどちらも排卵はされているので、生活習慣に気を付けていけば問題ないと思われます。

 

2相に分かれずバラバラ、高温期が無い

 

基礎体温グラフ バラつき

 

2相に分かれないでバラつきがあったり、高温期が無く低温期が続く場合は排卵障害や無排卵月経の可能性があります。

 

バラつきがあるのは正しく測れていないかもしれないです。

 

低温期が続くのは、体に異常がなくてもおこることがあるので、2,3か月測り続けていると急に高温期が戻ってくることがあるそうなのでまずは正しく根気よく続けてみましょう。

 

排卵障害の原因はストレスや睡眠不足、無理なダイエットなどがあります。

 

妊娠をするためにも、適度な運動や食生活などの生活習慣を改善していきましょう(^^♪

 

高温期の途中に陥没がある、体温の上昇が階段状

 

基礎体温グラフ 陥没

 

高温期の途中に陥没があるのは、測り間違いか黄体機能不全の疑いがあります。

 

黄体に異常があると妊娠しにくくなります。

 

2,3日測ってみても陥没が続くなら、排卵はしていますが流産しやすくなるので、医師に診察してもらった方が良いです。

 

ストレスでホルモンバランスが崩れている可能性もあるので、旦那さんに家事など協力してもらったりして、できるだけストレスをためない生活ができるようにしながらしばらく様子を見れると良いですね。

 

階段状のパターンがよく出る場合にも、流産の可能性がありますので注意が必要です。

 

しかしこちは高温期への移行に4日以上かかっても、高温期が10日以上あれば特に問題はありません。

 

体温が上がっている最中に一旦下がって、また階段状に体温が上がったら排卵障害が疑われるので診察を受けると安心です。

 

高温期へ移るのに時間がかかる、高温期の体温が低い

 

基礎体温 体温上昇 時間がかかる

 

低温期から高温期へ移るのに3日以上かかる場合は、体力の低下が考えられます。

 

自立神経の乱れやストレスなどでホルモンバランスが崩れて、血行が悪くなり体温が一気に高温期にもっていけないということがあります。

 

低温期と高温期の体温差が0,3度以下の場合は黄体機能が低下しているかもしれません。

 

貧血や血行が悪く、体温が上がりにくいことが原因です。

 

ホルモンバランスが崩れて、妊娠しにくくなっている可能性があります。

 

どちらも生活習慣に気を付け、難しいですがなるべくストレスをためないようにしましょう。

 

最後に

 

高温期が続く場合は(21日以上)、妊娠している可能性があります。

 

いろいろなパターンがありますが、基礎体温を付けてグラフの見方が分かると、妊娠しにくかったり流産しやすいなど、自分の今の状態が分かります。

 

心配なことがあったら、なるべく医師に相談できるとよいですが、2,3か月は様子を見ると戻ることもあるので、まずは正しい測り方で続けましょう。

 

健康に妊娠するための準備期間だと思って、生活習慣に気を付けていけば産み分けもよりしやすくなります。

 

長いですが最低でも3か月以上は続けて、自分の排卵のパターンを見つけれるようにできると良いですね(^^♪

 

基礎体温を3か月以上付けれたら、次は排卵日の予測を始めますので次のページを参考にどうぞ。

 

⇒ 排卵日はいつ来るの?5つの予測方法を使いこなして特定しよう!


関連ページ

産み分け前の3つの心がまえを確認しよう!
産み分けの成功率がどのくらいか、夫婦で意見は一致しているか、などの心がまえはできていますか?
そもそも基礎体温って何?産み分けをするなら避妊も忘れずに!
基礎体温のことをしっかり分かっていれば体温を測る重要さが良くわかりますので参考にしてください。 産み分けの第一ステップとなることなので根気がいりますが、続けましょう(^-^) その間に避妊をしないと努力が無駄になりますよ・・・
産み分けの基礎体温の測り方!あなたはちゃんと測れていますか?
産み分けに基礎体温を付けるのは最も大事なことです。 婦人体温計を使い毎日継続してグラフを正しくつけましょう。
排卵日はいつ来るの?5つの予測方法を使いこなして特定しよう!
自分の排卵日がいつ来るのか予測する方法を知って確実に当てましょう。 産み分けには排卵日の特定がかなり重要になってくるので使える特定方法を組み合わせることでサインを見逃しにくくなりますよ(^-^)