スマートフォン解析

女の子の産み分けのための性交のタイミングの取り方とは?

女の子の産み分けのための性交のタイミングの取り方とは?

産み分け 女の子 タイミング

 

月経後あたりから避妊の性交か射精をするように

 

実は男性の精子の中にいるX精子(女の子)とY精子(男の子)の数には差があります。

 

Y精子(男の子)の方が2倍ほど多いといわれています\(◎o◎)/

 

そして精子が睾丸に満タンになり、精子が死ぬと新しいのが作られます。

 

しかし優先して作られるのはY精子(男の子)なので、女の子を産み分けたい場合には不利になってしまいます・・・

 

これはもともとX精子(女の子)の方が寿命が長いので、寿命の短いY精子(男の子)がどんどん作られていく、という風に考えられています。

 

精子は射精後3〜4週間で満タンになると言われているので、性交のタイミングを上手く取り満タンにならないように意識しましょう(^-^)

 

いろいろ調査しているようですが、月経後から3日おきに避妊してのセックスまたは射精してもらう、というのが丁度良い精子の量になり妊娠しやすいようです。

 

もしくは月経後から排卵日2日前までに最低でも2回は射精するようにして、精子の量を調整するようにすると良いです。

 

逆に毎日でもセックスできるとか、男性が射精できるという方もいるようですが、それは精子が薄くなりすぎて妊娠しにくくなるので注意しましょう。

 

タイミングを狙ってセックスをしたあとは確実に避妊を!

 

産み分け 避妊

 

排卵日2日前のセックスが無事に終わった、と思っても油断して避妊無しのセックスをしてはいけません。

 

これは狙った日のセックスでそもそも受精していない、ということが考えられます。

 

排卵日の2日前を狙うので、妊娠はどうしてもしにくくなります。

 

あと排卵日をピッタリ当てるということはとても難しく、女性の体は微妙な変化でズレてしまうことも多いのです。

 

そして排卵日当日に避妊無しの性交をしてしまったら、むしろ男の子に有利な条件が揃ってしまい妊娠したら今まで続けてきた努力も無駄になります・・・

 

なので妊娠しやすい時期は、タイミングを狙っての性交以外では必ず避妊をしてください。

 

性別はどちらでも良く子供が欲しいという人とは違い、このタイミングと避妊はとても重要になってきます。

 

最後に

 

女の子を産み分けるためには、月経終了後からタイミングを上手く取るようにして避妊しての性交や射精ができると良いということが分かりましたでしょうか?

 

旦那さんにこの方法を伝えるのははっきり言って言いにくいと思います(-_-;)

 

月経が終了してからこの日までに2回以上射精するようにって、旦那さんが産み分けにノリノリなら良いですがそこまででは無い場合難しいですよね。

 

言えないという方はできるだけ避妊でのセックスを排卵日2日前までに2回は、自分からなるべく誘えると良いです(これもまた難しい・・・)。

 

なのでやはりまずは旦那さんに協力してもらい、少しは知識を付けてもらい私の紹介している方法を教えたり、実際に参考書を買ってみたりして一緒に見るのも良いかもしれませんね(^-^)

 

まずは排卵日を特定するために基礎体温を付け、その間にしっかりと旦那さんと協力して知識を付けるようにしていきましょう。

 

狙った性交の日以外は確実に避妊することを守ってください。

 

旦那さんに女の子が産まれるとどんなに可愛いか想像しながら、産み分けを頑張りましょう(^^♪

 

このページの関連するページを読むと短い時間でも、グッと知識が付くと思いますので参考にしてみてはどうですか?

 

 

女の子の産み分けにはこちら
 ⇒ 産み分けゼリーでハローベビーガールをおすすめする3つの理由とは?


関連ページ

産み分けで女の子をより確実に狙いたいなら排卵日2日前を狙おう!
産み分けで女の子が希望の場合、排卵日の2日前を狙うようにしましょう。 基礎体温やおりものの状態を知ったり排卵検査薬を使い、より確実にしてください。
女の子を産み分けるなら「あっさり」を意識しよう!おすすめ体位は?
産み分けで女の子を望む場合は感じすぎてはダメです! 「あっさり」を意識して確率を上げましょう。 おすすめの体位もあるので紹介しますので参考にしてください(^-^)